カシワバラ・グラウンド│開発事業部 開発二課
岩崎 努

TSUTOMU IWAZAKI

2018年入社

主な業務

魅力的な土地探しから
新築マンション開発まですべてを担う

カシワバラ・グラウンドは不動産デベロッパーとして、主に東京23区の駅近の新築マンションを手がけています。この新築マンションは資産価値が高い投資型のワンルームマンションが大部分を占めています。また、ファミリー層が居住する中古マンションを購入し、リノベーションを行なった後に販売する事業も展開しています。さらに、沖縄の離島においてリゾート開発なども行っています。そんな事業を展開する中、私の役割は魅力ある土地や物件を探して新規開発すること。具体的には、地域に密着してビジネスをする不動産仲介業者などから物件情報を入手して現地調査を行い、購入後は自らプランニングを行なってマンションを建設して販売するという一連の業務をすべて担当しています。当社に転職する前は、ハウスメーカーや不動産屋に勤務しており、その経験を活かしてより良い物件の開発を心がけています。

やりがい

何もないゼロの状態から
新しい価値を生み出せる醍醐味

不動産デベロッパーの醍醐味は、ゼロの状態から新たな価値を生み出すということに尽きると思います。新築マンションにおいては資産価値の高い物件を生み出してお客様に貢献できるというやりがいがあります。中古マンションのリノベーション事業でも新しいライフスタイルの提案など付加価値をつけてお客様の生活を支援するという喜びがあります。また、カシワバラグループでの役割も自社物件を増やすことで、大規模修繕をはじめとしたさまざまな事業につながり、グループ全体の事業拡大に貢献できると考えています。開発・建築・リノベーション・管理・修繕などをグループ全体で包括して行えることに、とても大きな可能性とチャンスがあると考えます。可能性があるということは学びの機会もそこにはあり、その学びの機会を活かし自身が成長することでグループ全体の役に立てることができれば、とても大きなやりがいになると思います。

今後の目標

事業拡大を続ける会社を支える人材を育成したい

まずは新規開発の案件を増やして売上拡大を目指すことです。そのためにも東京を中心とした市場動向を、つねにチェックして情報収集に力を入れたいと考えています。また、今後は後輩の育成にも力を注ぎたいと考えています。当社の事業は順調に拡大しているので、さらに優秀な人材が必要になります。微力ながら良き先輩として適切なアドバイスをすることで貢献したいと考えています。

1日のスケジュール

  • 出社・メールチェック

    不動産仲介業者などからのメールをチェックします。また、週に1回は全体ミーティングも行われます。

  • 新規物件の情報収集

    メールや電話で不動産仲介業者などに物件情報を聞き出します。また新規開発が進んでいるプロジェクトの進捗状況の確認します。

  • 昼食

    会社の近くで素早く済ませます。

  • 現場の視察

    建設が進む新築マンションなどの現場の定例会に参加し、進捗状況の確認や課題などを共有します。

  • 仕入れ物件候補の現地確認

    仕入れを検討している土地や物件の調査に行きます。物件の状態や周りの環境などを調べて仕入れの際の検討材料にします。

  • 各種書類の作成

    現場の報告書や稟議書の作成に当たります。

  • 退社

    残業は少なく、定時もしくは残業1時間程度で退社することが多いです。

学生の皆さんへのメッセージ

この仕事では多くの方と接して信頼関係を築くのが大切です。そんな仕事内容から「元気」と「素直」は基本だと思います。元気があれば場を明るくして他人からも好かれやすいですし、素直な人も信頼を得やすく、上司や先輩のアドバイスを受け入れるのでどんどん成長できるはずです。そしてもうひとつ求められるのが能動的に仕事を捉えられる人です。当社の営業は物件探しから新築工事やリノベーション工事、竣工まで担当者としてすべての過程に関わります。プロジェクト全体を管理する立場なので能動的に仕事に取り組む姿勢は不可欠になります。学生時代の専攻は一切関係ないので、ゼロから新しい価値を生み出すことに興味があり、意欲あふれる人をお待ちしています。

OFFの過ごし方

月に1回は社員や取引先の方、友人などとゴルフを楽しんでいます。また、最近は散歩とジョギングも始めました。散歩などをしながらもついつい物件を観察することが多いですね。いい物件に出会うとついつい「ここは売れそうだ」とテンションが上がります。現地調査を兼ねた散歩やジョギングも楽しいものですよ。

一覧へ戻る
RECRUITMENT TOP